SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

院長の健康雑学日記

「健康である」という事は、何より大切です。ここでは鍼灸接骨院としての専門的立場から見た健康に関する事柄を雑学として記録しています。
<< 趣味をお持ちですか? | main | 施術所の立場から注意していること >>
鍼灸院の治療費について
0
     よく鍼灸治療を受けたいけど保険が使えず治療費が高くて治療の継続がむずかしいと患者様からの訴えを聞きます。
     鍼灸やその他整体、カイロなどの治療は基本的には健康保険の使用は認められていませんが、鍼灸やマッサージなどは各自治体で治療費の一部補助してくれるところもあります。
     ここでは鍼灸治療に関してのみ私の考えを述べさせていただきますが、鍼灸の治療効果は歴史的にも古くから認められており、その価値は非常に貴重です。現代社会の中で特殊な病気や重篤症状を呈している時期、感染症などを除く多くの疾患に有効です。
     しかし、治療結果を有効にするには施術者の経験と技術が卓越していなければなりません。
    大多数の鍼灸師はより良い治療結果を出すために何年も切磋琢磨して治療技術を含めた臨床経験を積んで一人前とまでいかなくとも患者様と向き合うことが出来るのです。
     このようにして体得した鍼灸術を患者様の為に生かせることを喜びとしていますが、患者様側でも良い結果を早急に求めてくるケースもしばしばあり、患者様とのコミニュケーションの中で継続治療が必要なこともあると理解してもらいながら治療をすすめていくのですが、現実的に治療費が高額で続けることが困難になり、間隔が空きすぎたり、途中でやめてしまう方も多いようです。
     私としましては鍼灸治療といえども1,2回の治療で治まるような疾患は少なく、継続してこそ真価を発揮できるケースが多いので、患者様の治療費負担を少しでも軽減し、継続に繋げて頂けるよう負担額を設定しております。他所の治療院は夫々の考えにのっとって治療費を設定していると思いますので治療内容の善し悪しは治療費とはあまり関連性はないと思われます。
     私の思いはこの素晴らしい鍼灸治療がもっともっと裾野を広げ、悩める患者様や健康増進に役立つことを願って止みません。
     それには施術者つまり鍼灸師夫々が尽きない向上心をもって患者様に向き合わなければいけませんね。
    | - | 10:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ayase-harikyu.com/trackback/879196