SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

院長の健康雑学日記

「健康である」という事は、何より大切です。ここでは鍼灸接骨院としての専門的立場から見た健康に関する事柄を雑学として記録しています。
<< 頚肩腕症候群・・・OA機器病 | main | メタボからロコモへ >>
正月太り・・・
0
    2007年がスタートし、この1年が健康に恵まれることを殆どの方が祈ったことでしょう。
     今もって「病気」を抱えている方も、「病気」とまではいかないまでも「体調不良」、あるいは日常生活や仕事の悩みを抱え込んで「心が重い」状態の方など、どうも晴れやかな心身の状態で過ごすことが困難になっている方々も多いことと思います。

    健康志向ブームが続いているのは現代社会のストレスがいかに過多であり、またこのストレス社会を乗り切っていく為には「健康」がなにより大切であるということを各々が自覚しているからでしょう。
     ですが案外「他人に厳しく」「自分に甘い」方の方が多いものです。

    あなたはこの年末年始に「体重」や「体脂肪」の変化はありませんでしたか?
     飲み食いの機会が多く、「まぁ、付き合いだから仕方がないや・・」「正月くらい食っちゃ状態でゆっくりしたいよ」などなど言い訳を探しながら過ごした方は新年のスタートの朝、「ベルトがきついなぁ・スカートのホックが苦しいわぁ」と感じながら出かけたのではないかしら?

    増えた体重は速やかに元に戻す努力をして頂きたいものです。

    何か心身に悪い変化を感じたり、現れたりした時はなるべく速く解決する方向に持っていき、悪化させないことは言うまでもありません。

    極端にいえば「違法ドラッグ」や「大量飲酒」などは本人が「罪悪感」を持っているものですが「食過ぎ」は罪悪感はないのが一般的なので、自分自身で自分をコントロールするしかないのです。
     コントロールできなくなってしまえばこれはりっぱな「過食症」という病気です。

    快適な日常を過ごすには「あなた自身の心」と向き合うことを忘れずに「衣・食・住」を四季に合わせ、苦痛を「我慢し過ぎず」なるべく速めに対処していただきたいものです。

    本年も気楽に覗いていただける「健康・健康法」などをご紹介していきますね。
    もっとも私自身が「忙しい」を言い訳ににしてなかなかこのコーナーの更新をしていません。反省です。・・・
    | - | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ayase-harikyu.com/trackback/499662