SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

院長の健康雑学日記

「健康である」という事は、何より大切です。ここでは鍼灸接骨院としての専門的立場から見た健康に関する事柄を雑学として記録しています。
<< 名づけて「育児ママ症候群」 | main | いよいよ秋です。髪とお肌を守りましょう! >>
男の更年期
0
    更年期障害というと主に生殖期間を終えた女性で、だいたい45才から55才位迄の期間におこる様々な身体的、精神的不調症状のことを指しています。
     女性は閉経前後に「女性ホルモン」が極端に減少するため、人には相談しにくい悩みなども多く抱えるようなこともあり、今までとは違って「身体の変化」、それも「加齢」を認めざるを得ないような変化に戸惑い、精神的にも落ち込みやすくなります。

    最近では「男の更年期」といった男性の身体的、精神的変調のことも認知されつつあります。
    男性は女性ほど「男性ホルモン」の減少が、ある年齢に達したからといって極端
    ではありませんので、身体的、精神的不調も女性に比べれば比較的穏やかそうです。
     が、このストレス社会では現役バリバリ期で、責任のある仕事をこなし、家庭を支え、ストレスシャワーをあびながら日々体力低下を感じている方が多いのではないでしょうか。

    男性でも女性でもこの時期は、体力、気力を必要とする「子育て」も一段落し、
    あらためて自分自身のことを振りかえる期間でもあるのです。
     今後は、明らかに「加齢現象」による「肉体的変化」を自覚させられ、「この辺で、もう一度これからの生き方なども見つめなおす時間をお持ち下さい。」
    と、身体の変調を通して警告をされているようにも感じます。
    「あぁ、もう無理はきかないなぁ・・」などと消極的に捉えるのではなく、自分自身の「豊かな時間」を持てるような生き方ができれば素敵だと思いませんか?

    人によっては専門医による医学的治療が必要な方もいるでしょう。
    大事なことは「一人で悩まない」ことなのです。
    この45歳から55歳の「充分大人すぎる男女達」は、安易に自分の身体の悩み、しかも「女が終わり」「男が衰える」などどいう言葉に案外おびえてしまうものなのです。

    これからは今まで以上に「時間」が貴重な時期に入っていくのです。
    大切な「あなたの豊かな時間」を少しでも多く手にいれていただきたいと思います。
    「一人で悩まない」で肩の力を抜いて「専門医」に相談してみましょう。
    いきなり「専門の医療機関」に出向く勇気の無い方は、まず当院院長にでも
    何でもお聞き下さいね。
    | - | 21:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ayase-harikyu.com/trackback/376918