SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

院長の健康雑学日記

「健康である」という事は、何より大切です。ここでは鍼灸接骨院としての専門的立場から見た健康に関する事柄を雑学として記録しています。
<< 話はズレて”金欠病” | main | 男の更年期 >>
名づけて「育児ママ症候群」
0
    子供の人口が減りつつあるなか、今まさに子育て中の若いママさん達は日本の将来を担う大切な人材を育てています。
    女性が子供を生み、育てる環境が一昔前と様変わりしてしまい、住環境も夫婦のみのマンション住まいで、子育てママさん達は夫が居ない昼間は、おしゃべりや相談出来る人間関係が築きにくくなっていて、一人で育児の悩みを抱えている方が増えています。

    当院のある「足立区・綾瀬」はこの十数年の間にマンションがどんどん建ち、特に乳幼児を育児中の若い世代の方が案外多いところです。
    この育児中のママさんたちは赤ちゃんを抱っこすることにより「肩凝り」「腰痛」「手首の腱鞘炎」などのつらい症状を抱えていて、メンタル面でも夫には相談できない子育ての悩みと夜間の授乳による寝不足で気持ちも落ち込み傾向にあります。

    子育ての喜びは女性にとって何者にも変えがたい喜びをもたらしてはくれますが、
    時代は変わり、肉体的にも精神的にもつらい症状を「耐えて」いることは子供に
    あまり良い影響を与えません。
    母親の笑顔と安定している気持ちが何より子供にとって「安心感」をもたらし、
    より良い成長をもたらしてくれるとことでしょう。

    子育てママさん!がんばりながら、立ち止まりながら、そして出来ることならつらい体の症状をがまんせず、お手入れしてみましょう。
    ママの笑顔は子供にとって万能薬にも等しいのです。

    子育て中のママさんのつらい身体の症状、「肩凝り」「腰痛」「腕の痛み」「気持ちが落ち込みやすい」「自分の時間が持てないためのストレス」「孤独感に陥りやすい」
    など、私が勝手に名づけて「子育てママ症候群」と呼んでいます。

    | - | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.ayase-harikyu.com/trackback/367959