SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

院長の健康雑学日記

「健康である」という事は、何より大切です。ここでは鍼灸接骨院としての専門的立場から見た健康に関する事柄を雑学として記録しています。
自分のメディカルチェック
0
    高齢化社会から超高齢化社会へと世界でも類をみないほどの速さで進んでいる日本社会です。その高齢者(65歳以上の方)の健康意識で約半数の方々が健康に自信がなく、将来に対して健康に不安をもちながら生活しています。
     また、経済不安を抱えているのは30歳、40歳代の働き盛りの年代で、それこそ老後は経済不安と共に健康不安をも抱えて現在の健康志向の中心となり、スポーツジムに通ったり、これから通うことを考えたりしていて今の日本社会の状況を表していますね。
     さて、私も患者様に対して治療をしたり、生活指導をしている立場ですので自分自身の健康管理には気をつけています。かといって長年励行していることですので管理などという構えたものではなく、すでに生活の一部となっているのです。
    皆様の参考になることもあるかもしれませんのでご紹介させていただきます。

    朝:起床時に自分の体をストレッチします。私は仕事上両手や腕を酷使しますので指から始まって上腕、前腕、そして腰、大腿部などをおこない、さらに収縮度の強い筋肉などを自分で体に問いかけながら行います。
    結構な時間をかけているようですが習慣になっていますので5、6分というところです。
    そしてトイレです。こちらの方が速い時もありますね。
    私は家のトイレには「ブルーレット」などの水の色が変わるものは使っていません。なぜなら「尿の色」が確認できないからです。
    朝の尿は濃縮されていますので「琥珀色」に近い色で正常です。
    昼間は水分摂取などや腎臓の働きなどで色が薄くなっていきます。体になんらかの異常が起きると尿の色が変化することがあるのです。血尿などがおこってもトイレの水に色がついていると早期に気づかないことがありますよ。
    さて、朝食ですが「たっぷり食べます。」内容についてはまたの機会にお話しましょう。
    朝、食べものが胃に入ると「胃・腸反射」がおこり腸の蠕動運動がはじまって「お通じですよ。」の指令が出るや否や再び「トイレ」に行き、「快便」ですっきりして「今日も出だし好調」と実感するわけです。そうそうこの時も「便の色・形」などはもちろん確認いたします。

    そして一日がスタートするのですが、この朝の習慣が乱れると一日の疲労度が増し、踏ん張りが利きません。
     治療をしていて疲れてきますと「疲れた筋肉」と対話(内緒デネ)をし、ストレッチ。こんなことを繰り返しながらカラダを使っているのです。
     一番大事な「頭脳の疲労」ですが、これは時々チャンネルを切り替えて「次の休みは何をして遊っぼかな〜」など仕事と全く関係ないことを頭に浮かべ、そしてまた集中して仕事をしています。
    これもまた近い内に書きたいと思っているのですが、私が思うにストレスが溜まるのは「頭」を使うことよりも「気」を使う方がストレスは溜まってしまうと考えています。「気」の乱れは様々なつらい症状を引き起こすのです。
    皆様方は周囲の人たちに「気」を使い過ぎて疲れてしまっていることはありませんか?「気」もほどほどに使うことが心身にとっては望ましいのですよ。
    まず自分自身の排泄物を「眼」でチェックすることは「当たり前」。
    何よりも己を直視することを大切にしたいと思っているのですが、時々大変な勘違いなどもすることがあり、客観的評価(血液検査や人の意見)を真摯に受け止めている私です。
     
    | 私自身のことについて | 20:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |